私たちヒトを形作っているのは一つ一つの細胞であり、細胞は生命の最小単位です。細胞の中にはさまざまな細胞内小器官(オルガネラ)があり、外からタンパク質や脂質などを取り込んで分解したり、小胞体で合成したタンパク質などを細胞外へ分泌したりして、細胞はその生命活動を維持しています(図1)。

図1;細胞内には小胞体、ゴルジ体、細胞膜、エンドソーム、リソソームなど、
   いろいろな細胞内小器官(オルガネラ)が存在し、タンパク質や脂質などが輸送されている。

どのように特定のタンパク質や脂質だけが選別されて輸送されているのでしょうか?当研究室では哺乳動物細胞を用いて、積荷の選別機構を研究しています。

細胞内輸送の研究は生命の不思議を探る基礎研究ですが、輸送機構が壊れるとオルガネラの機能が阻害され、ホルモンなどの分泌が阻害され分泌疾患になったり、不要なタンパク質の分解が阻害されて蓄積し、ガンや神経疾患を起こしたりします。さらにウィルスや病原体などは感染時に宿主細胞自身が持っている輸送機構を利用することで宿主に侵入し、感染することも知られています。細胞内輸送はさまざまなところでヒトの疾患に関与していることから、医学の基礎研究としても重要な分野になっています。

当研究室では自ら興味を持ち、自ら考え、自ら行動できる人材を育成することを教育目標にしています。基礎研究は自分の疑問をとことん突き詰める人が向いています。そして自分でやってみることによって異なる仕事をしている人を尊重できるようになります。当研究室では多様なキャリアの方を受け入れ、それぞれ自分の仕事をしながら、多様な価値観を尊重して、みんなでdiscussionをしながら研究ができる、そういう人材を育成したいと思っています。一緒にサイエンスを学びましょう。